MOT 〜 資格試験

main_top_over_navi
main_top

MOT


MOTとは、Microsoft Official Trainer programの略です。MOTは、マイクロオフィス製品に関する正しい知識を持ち、インストラクションできる能力を示したものです。MOTの資格を持つ人は、マイクロソフトオフィスのプロとして認められています。インストラクターとして活躍する際にも、その人のスキルを証明するものとして大変有効です。MOTは、製品や実技スキルについての試験に合格し、さらにMOTインストラクション認定研修を受け、マイクロソフト社によって認定されれば得られます。

MOTは、今からパソコン業界に就職を考えている人は、マイクロソフト製品についての知識やインストラクションの技術を得る事ができるので、習得を目指すと良いでしょう。パソコンインストラクターやヘルプデスクなどを目指す人には必須の資格となっています。

MOTの取得手順は、次のようになります。MOT資格は、各製品のバージョンごとに提供されるため、目指す資格の「MOT Essentials」、「実技試験(office specialist)」を受けて、「MOTインストラクション認定研修」も受講します。各スキルの取得の順序についての指定はないため、自分の都合の良い順に受験すると良いでしょう。すべてのスキルについて合格し、認定研修を終えて各スキルの証明をMOT事務局に送るという方法で申請します。そしてMOT事務局で審査・認定されるとMOT認定カードと認定キッドが送られてくるという流れになっています。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2012 資格試験 All Rights Reserved.

レンタルサーバー