電気工事士 〜 資格試験

main_top_over_navi
main_top

電気工事士


電気工事士とは、屋内にコンセントやスイッチなどの電気機具を取り付けるなどの、電気工事を行なう人です。「電気工事士法」によると「電気工事の作業に従事する者の資格および義務を定め、もって電気工事の災害の発生の防止に寄与することを目的とする」とあります。電気工事は、火災や感電などの事故が起こらないように万全の注意を払わなければなりません。電気工事士などの一定の資格を持った人でなければ行なってはならないとされています。

電気工事士は、第1種と第2種の2つがあります。、第2種の資格を持つと、600ボルト以下を受電する一般住宅や店舗などの設備工事に従事することができます。また、第1種の資格をもつとそれに加えてビル、工場、デパートなどの500W未満の工事まで幅広く取り扱うことができます。
電気工事士の試験は、マークシートの筆記試験と実技試験の2段階で行われます。また、電気工事主任技術者免許を持っている人は第1、2種とも筆記試験を免除されます。高校などで電気工学の課程を修めた人は第2種の筆記試験が免除されています。第1種の免状については、試験合格後3年以上または、5年以上の実務経験が必要です。

電気工事士は、生活の中に不可欠な存在である電気の工事を取り扱うため、とても重要な仕事であり、需要も高いといわれています。オール電化や太陽光発電などの普及にも伴い、ますます必要とされてきています。不況の現代社会においても、ニーズが高く大変有利な資格です。仕事は常に存在し、電気工事士は不足しているので、資格を取って仕事についた後は即戦力になることが可能です。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2012 資格試験 All Rights Reserved.

レンタルサーバー