宅建 〜 資格試験

main_top_over_navi
main_top

宅建


宅建とは、宅地建物取引主任者がもつ資格です。この資格は、不動産の売買や貸借契約の仲介などに不可欠です。不動産取引において、契約締結の際の重要事項説明などは、この宅建主任者しか行う事ができません。不動産業界に勤務するなら必ず取得をめざしましょう。不動産業界には、従業員5人に1人以上の割合で宅建の資格を持つ者が必要です。需要は常にあり、この資格を持つ事で不動産業界への転職などには大変有利です。

宅建は、不動産業界以外にもその知識を生かすことが可能です。例えば、金融業界においては、不動産を担保として取り扱うことが多いので、宅建の資格を持つと不動産の評価などをするのに役立ちます。また、一般企業でも、会社が持っている不動産を有効活用するなどの仕事に就くなど、スキルアップも期待できます。また日常生活においてマイホームを建てる際にも、業者任せでなく適正な取引を行う事ができるなど、資格を持つメリットは大きいでしょう。

宅建の試験は、4つの選択肢の中から1つを選ぶ形式で全部で50問です。年齢や学歴は不問のため、誰でも気軽に受験できます。出題分野の傾向をつかみ、集中して勉強すれば短期間での資格取得も可能です。不動産業界を目指していない人でも、ファイナンシャルプランナーや司法書士、行政書士、土地家屋調査士といった人気のある資格へのステップアップにもなるので、ぜひ宅建に挑戦してみるのをおすすめします。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2012 資格試験 All Rights Reserved.

レンタルサーバー