ボイラー技士 〜 資格試験

main_top_over_navi
main_top

ボイラー技士


ボイラー技士とは、建造物のボイラーの監視や検査、調整などの業務を行う人です。建物の安全を保つためには欠かせない資格であり、国家資格です。

ボイラー技士の資格には2級、1級、特級の3種類があります。厚生労働省の指定を受けた安全衛生技術試験協会がボイラー技士の資格試験を実施しています。試験は、全国7カ所のセンターで行なわれており、級に応じて毎月から年1回などが行われています。

ボイラー技師の資格試験のうち、2級は毎月試験が実施されています。1級は年に10回、特級は年に1回の試験です。ボイラー技士の資格試験は、筆記試験によって行われます。構造の知識や取り扱いに関する知識、燃料に関する知識などが重要です。毎月行われている2級の資格試験においても、ボイラーに関する学科を3ヶ月以上実施修得した人や、6ヶ月以上の実技講習を受けた人のみに受験資格が与えられています。

ボイラー技士の資格を持っている人は、ビルや工場などが主な活躍の場となります。ボイラーの取り扱いや管理を行う技術者としての業務を任されています。2級の資格を習得していれば、ほとんどのボイラーの取り扱いが可能ですが、大規模なボイラーを扱うには1級や特級が必要です。一般的には、ボイラー技士2級を習得してから実務経験を積み、1級や特級の資格を目指す人が多くなっています。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2012 資格試験 All Rights Reserved.

レンタルサーバー