ホームヘルパー 〜 資格試験

main_top_over_navi
main_top

ホームヘルパー


ホームヘルパーの仕事は、食事の支度や洗濯、掃除、買い物といった生活支援と、入浴介助、食事介助、着替え、排泄介助などの身体介護が主となっています。ホームヘルパーは、介護保険制度での高齢者のお世話と、障害者支援費制度での身障者のお世話とがありますが、日本では圧倒的に高齢者のサポートをする仕事の方が多いといえます。日本は現在、高齢化が深刻な社会問題となってきており、ホームヘルパーの需要は今後も高まる一方でしょう。

ホームヘルパーには、福祉施設や医療機関内での介護スタッフや、常勤正社員、派遣型のパートといった様々な雇用形態があります。ほとんどの場合、ホームヘルパー2級以上の資格が必要です。ホームヘルパー2級を取得するには、国の定めるホームヘルパー養成研修を終了する必要があり、試験などはありません。だいたい3ヶ月?半年ぐらいの期間で取得できるようです。

ホームヘルパー2級を持っていれば、ヘルパーの実務を3年以上経験した後は介護福祉士の受験資格も得られるため、ステップアップすることも可能です。ホームヘルパーの仕事は、高齢化社会の日本ではたいへん重要とされています。様々な雇用形態があり、パートであれば時間にも融通が聞くため、子育て中の女性にも人気があります。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2012 資格試験 All Rights Reserved.

レンタルサーバー