介護福祉士 〜 資格試験

main_top_over_navi
main_top

介護福祉士


介護福祉士は、介護職では唯一の国家資格です。ケアワーカーとも呼ばれています。介護福祉士は、老人福祉施設、障害者関連施設、在宅サービスなどで活躍しています。介護に関する高い知識を持った介護の専門家です。身体的、精神的に障害がある人の食事や入浴、排泄などの身体介護に加え、調理、洗濯、買い物、掃除などの生活援助といった身の回りのサポートなどを行ないます。また、本人と家族の精神面のフォロー、担当ホームヘルパーの指導なども仕事です。高齢化社会がますます深刻化していくであろうこれからの日本では、介護福祉士のニーズは高くなる一方でしょう。

介護福祉士になるためには、次の2つの方法があります。
1つは、ホームヘルパーや施設の介護職員としての実務経験が3年以上あって、国家試験に合格する事です。介護福祉士の資格試験は、「社会福祉概論」「老人福祉論」「障害者福祉論」「介護技術」など13科目から出題される筆記試験と、試験会場で与えられた課題にモデルを使って介護を実施する実技試験とがあります。実技試験は、筆記試験合格者のみが受けられますが、介護技術講習を終了していると免除されます。2つめには、介護福祉の専門学校など専門の養成施設で学んで、卒業と同時に資格を取得するという方法もあります。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2012 資格試験 All Rights Reserved.

レンタルサーバー