危険物取扱者 〜 資格試験

main_top_over_navi
main_top

危険物取扱者


危険物取扱者は、化学工場やガソリンスタンド、また石油を貯蔵している施設など、危険物を貯蔵している施設などに必要とされる資格です。それらの施設では、危険物取扱者の設置が義務付けられています。そのような危険物を貯蔵する場所での仕事内容は、施設内での作業や安全点検、整備などが主な業務とされています。

危険物取扱者の試験は、各都道府県が実施している財団法人消防試験研究センターで行なわれます。資格を取得するには試験を受けて合格する必要があります。試験は日本全国で行われていますが、試験日は各センターによって異っているので、まずは問い合わせてみましょう。

危険物取扱者の資格とは甲種、乙種、丙種の3種類があります。種類によって受験資格も異なっています。乙種と丙種には特に制限がありませんが、甲種に限っては大学などによって化学に関する学科を卒業した人や、授業科目を15単位以上修得した人などに限られます。また、乙種の危険物取扱者資格を習得し、実務が2年以上であれば甲種の試験を受けることも可能です。危険物取扱者の資格を習得し、甲種を目指すことは昇格や昇給も期待できます。危険物取扱者は、需要も多くあるために資格習得を目指す人も多いです。乙種と丙種の合格率は50%ほどと言われていますが、甲種は30%と多少難関です。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2012 資格試験 All Rights Reserved.

レンタルサーバー