気象予報士 〜 資格試験

main_top_over_navi
main_top

気象予報士


気象予報士は、1993年に気象業務法が改正されてから国家試験が誕生した比較的新しい資格です。
気象予報士の資格習得試験は年1回以上行われ、受験を希望する人は財団法人気象業務支援センターに申し込む必要があります。気象予報士の資格試験に制限はなく、誰でも受験が可能です。実際の受験者も、高校生からお年寄りまで幅広いです。

気象予報士の試験問題は、大気力学や熱力学、数値予報などの物理的知識を必要とする難しい内容で、応用力が必要とされます。実技試験は図表や文章で解答する形式ですが、一般的な知識から専門的な知識までが要求されます。独学で学ぶことも可能ですが、初心者には難しいために、合格に近づくためには通信教育や専門のスクールで学ぶ方が有利でしょう。

気象予報士の仕事内容は、気象庁からのデータを分析し、自分の判断で気象予報を行うというものです。気象学の知識はもちろん、データの分析能力や科学的に予測を行う能力が必要とされます。
気象予報士の資格習得後は、テレビのお天気コーナーでのリポーターなどを思い浮かべますが、実際の需要はそれだけではありません。企業においても天気予報を行う為には、気象予報士の配置が義務づけられているため、観光業者やレジャー関係の会社にも需要があります。天候によって売上げが大幅に変わってくるような企業では、気象予報士はとても重要な役割を担っています。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2012 資格試験 All Rights Reserved.

レンタルサーバー