不動産鑑定士 〜 資格試験

main_top_over_navi
main_top

不動産鑑定士

不動産鑑定士は、不動産の鑑定評価業務とコンサルティング業務の2つが主な仕事内容です。





鑑定評価業務とは、国、都道府県、市町村、裁判所などの公的機関から依頼を受け、公的評価である「不動産鑑定評価書」を作成するものと、個人や企業などの民間からの依頼で不動産の売却や購入の際必要な鑑定評価をすることです。これは公的評価に対して民間評価と呼ばれます。






また、コンサルティング業務とは、土地の有効活用や、マンションなどの立替、市街地の開発事業の権利調整など不動産に関する様々な相談を受け、知識と経験に基づいてアドバイスを行うというものです。





不動産鑑定の仕事をするには、不動産鑑定士試験に合格し、資格を得なければなりませんが、短答式試験に一度合格すれば、2年間は短答式試験が免除されるという制度があり、社会人でも資格が取りやすい試験といわれています。不動産鑑定士の合格率は25%前後で、受験者の半数が30歳以上です。






不動産鑑定士を取得すれば、独立して開業することも可能で、公的評価の仕事を請け負うと安定した収入を得ることもできます。また、不動産関係の会社や建設会社では、現在、不動産鑑定士の需要が高まっています。他にも、金融機関や官公庁、商社においても必要とされており、資格があると転職、就職に有利でしょう。

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2012 資格試験 All Rights Reserved.

レンタルサーバー