行政書士 〜 資格試験

main_top_over_navi
main_top

行政書士


行政書士とは、簡単に言えばあらゆる分野の公的書類を作成する事のできる専門家です。

行政書士は、一般の人にとって身近な法律家であり、その仕事内容は様々な分野に渡っています。例えば、建設業や飲食店などでは各種の許認可や届出が必要です。また、農地法や産業廃棄物関係、自動車登録関係、帰化、在留資格手続、相続、遺言関係書類などについては、法律の知識がないと難しく、自分で手続するというのは大変でしょう。こういった官公庁へ提出する書類を作成するのが、行政書士の主な仕事です。行政書士は、その他にも、許認可申請や契約書類作成における代理業務や、顧客からの相談に乗りアドバイスをするコンサルティング業務も行います。

行政書士の資格試験は、憲法、民法、行政法、商法、基礎法学などの法令問題と一般知識問題から出題されます。法令の一部には記述式の試験がありますが、その他は択一形式の出題です。行政書士試験は、様々な業務に対応するために出題範囲の幅も広いといえます。

行政書士試験は人気の試験です。行政書士の知識は、社会生活を送る上でも有効であるために、行政書士を目指す人以外にも様々な職業や世代の人が受験しています。また、行政書士試験は「社会保険労務士」「中小企業診断士」「公務員試験」などへのステップアップにもなるといわれており、国家資格の登竜門でもあります。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2012 資格試験 All Rights Reserved.

レンタルサーバー