司法書士 〜 資格試験

main_top_over_navi
main_top

司法書士


司法書士の仕事は登記申請が代表的ですが、他にも訴訟代理業務や成年後見業務などがあります。

司法書士が主に行なう登記申請とは、「不動産登記」「商業登記」「法人登記」「船舶登記」などにおいて、一定の情報を登記簿という公の帳簿に記録することです。こういった登記事項は、法律で必ず登記することが義務づけられています。しかしその手続はたいへん複雑であるために、登記手続のプロである司法書士が名義人の代わりに手続を行っています。他人の登記申請手続きを業務として行えるのは、司法書士と弁護士だけです。

司法書士が行なっている訴訟代理業務においては、2003年4月から法律が変わりました。司法書士も簡易裁判所において弁護士のように法廷で弁護活動する事ができるようになったのです。また、司法書士のもう一つの業務として、成年後見業務というものがあります。高齢者や知的障害者、認知症などによって判断能力が衰えた人に対して、本人が協議することが難しい場合にその人に不利益とならないように保護する制度です。その主な業務内容は、不動産や預貯金の管理、介護施設への入所契約、遺産分割などです。

司法書士は、身近な法律家としてこれからの高齢化社会では、ますます需要が高まっていくと考えられます。司法書士になるためには民法、会社法・商法、不動産登記法、商業登記法の主要4科目と、憲法、刑法、民事訴訟法、民事執行法、民事保全法、供託法、司法書士法のマイナー7科目から出題される5肢択一式の司法書士試験に合格しなければなりません。毎年の試験の合格率は例年28%前後で、足切り点もある難関の試験といわれています。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2012 資格試験 All Rights Reserved.

レンタルサーバー