歯科衛生士 〜 資格試験

main_top_over_navi
main_top

歯科衛生士


歯科衛生士の仕事は歯の治療ではなく、主に虫歯や病気の予防を行うことです。歯科衛生士の資格は国家試験です。高等学校卒業後に国の指定する歯科衛生士学校又は、短大で決められた課程を修了していなければなりません。専門の学校を卒業しただけでは資格習得にはならず、国家試験に合格して初めて歯科衛生士として仕事ができます。

歯科衛生士の資格習得に必要な知識は、解剖学および生理学、微生物学および薬理学、歯科診療補助ならびに保健指導などです。試験は一日をかけて行われます。また、歯科衛生士の仕事内容は、医師の指示に従い診察の補助や虫歯の予防処置、歯科保健指導などを行うことです。しかし医師のように治療行為を行うのは禁止されています。

歯科衛生士の仕事である虫歯予防処置とは、歯垢や歯石の除去やフッ素を塗るといった処置のことです。歯科診察補助は、医師の治療をサポートする仕事であり、診療用器具の滅菌や消毒、器具機材の管理なども行ないます。

歯科衛生士は、現在需要も徐々に増えてきています。老人ホームなどで口腔ケアの必要性が多くなってきたり、最近では美容歯科も注目されているからです。歯科衛生士の職場として一番多いのは一般の歯科診療所ですが、保健所や保健センターでの検診などにも仕事があります。そのため、必要とされる活躍の場は多くなっています。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2012 資格試験 All Rights Reserved.

レンタルサーバー