歯科技工士 〜 資格試験

main_top_over_navi
main_top

歯科技工士


歯科技工士とは、入れ歯などの義歯や差し歯、または矯正装置の制作や修理などを行う医療技術者です。歯科医からの依頼によって仕事を行う事が多く、現代の歯科医療にはかかせない仕事です。

歯科技工士の資格習得のためには、実習を受けて厚生労働省が定める試験を受験し、合格する必要があります。歯科技工士の資格試験は各都道府県で年に1回行われています。学科試験と実務試験を2日間にわたって受験します。試験に合格した後は、保健所に届けを提出して歯科技工士名簿に登録が行われます。

歯科技工士の資格を習得し、登録されれば仕事を始めることは可能なのですが、就職先は様々な分野が待っているようです。一般の歯科診療所では、歯科医師と歯科技工士が仕事を分担して行っています。その場合、差し歯や矯正器具などを患者に実際にはめてみて確認できるなど、作業がスムーズにいくメリットがあります。また、歯科大学の病院などにも歯科技工士の需要があります。大学は、高度な技術と知識が要求される職場です。他にも、歯科医からの依頼によって歯科制作を行なう歯科技工所を開設する事も可能です。しかし、歯科技工士の資格習得後にすぐ開業するという人はあまりいないようです。歯科技工所で経験を積み、技術を磨いてから独立するといったパターンが多いようです。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2012 資格試験 All Rights Reserved.

レンタルサーバー