社会福祉士 〜 資格試験

main_top_over_navi
main_top

社会福祉士


社会福祉士は、ソーシャルワーカーとも呼ばれます。働く場所は、地域包括支援センターや在宅介護支援センター、社会福祉施設、老人保健施設、社会福祉協議会、児童相談所、病院などです。日常生活に支障がある人たちの相談にのり、問題解決を援助していく仕事をしています。

社会福祉士の資格は、いわゆる「名称独占」です。つまり、この資格がないと就けない仕事ではありません。しかし、福祉系の資格の中では最上位として認められる専門的な国家資格です。社会福祉士とは「社会福祉士及び介護福祉士法」において、「専門的知識及び技術をもって身体上もしくは精神上の障害があること、または環境上の理由により日常生活を営むのに支障がある者の福祉に関する相談に応じ、助言、指導その他の援助を行う事を業とする者」と記されています。それほどに、専門性が高い重要な資格なのです。

社会福祉士になるためには、社会福祉士国家試験に合格しなければなりません。この国家試験には福祉系の大学で指定科目を履修するか、一般4年制大学卒業後又は、実務経験4年以上で一般の養成施設を卒業するなどの受験資格が必要です。社会福祉士は、今後高齢化社会が進む日本においては活躍の場は増える一方だと考えられています。思いやりとやさしさを持ち、福祉の世界で働きたいと考えている人なら、社会福祉士の資格は大いに役立つでしょう。専門職としての水準の高さを示すこともできます。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2012 資格試験 All Rights Reserved.

レンタルサーバー