社会保険労務士 〜 資格試験

main_top_over_navi
main_top

社会保険労務士


社会保険労務士は、現在、とても必要とされる資格です。健康保険や雇用保険、労災、厚生年金などの書類作成業務や、企業の事業主に代わってこれらの提出手続を行う業務、就業規則や賃金規定の策定業務、年金についての相談にアドバイスを行うなど、その業務内容は実に幅広いです。

社会保険労務士は、少子高齢化の日本における年金問題、不況に伴う経営難による労使間の問題解決、新しい法律を広く理解させる、などの重要な役割を担っています。国から、企業から、個人から広く求められる職業です。企業の労使間の問題には、リストラや賃下げ、不当解雇、移動についての相談などがあり、また個人からは、年金や介護保険についての相談があります。このように、社会保険労務士はコンサルタントとしての需要も増えています。近ごろでは、労働保険や社会保険の諸手続が電子申請化され、社会保険労務士にそれらの手続を委託する企業も多く、仕事は大変多いようです。

社会保険労務士になるには、試験を受験しますが受験資格には条件があります。大学の一般教養科目修了者、短大、高専の卒業者でなければ受験できません。社会保険労務士資格試験には、「労働基準法・労働安全衛生法」「労働者災害補償保険法」「雇用保険法」「労働保険徴収法」「健康保険法」「国民年金法」「厚生年金法」「労務管理・その他一般常識」「社会保険に関する一般常識」などの科目があります。合格率はおよそ10%と狭き門です。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2012 資格試験 All Rights Reserved.

レンタルサーバー