カラーコーディネーター 〜 資格試験

main_top_over_navi
main_top

カラーコーディネーター


カラーコーディネーターは、ひとことで言うと色彩の専門家です。色は、人間の心理に大きく影響を与えるといわれています。ファッションやインテリアについても、色が少し変わることで販売意欲などに影響を及ぼします。カラーコーディネーターは、色が人の心理に与える影響などの知識を生かし、商品開発や販売促進などの分野で活躍しています。人によい印象を与える快適で好ましい商品を作ることに携わっています。

カラーコーディネーター試験は、東京商工会議所が主催しており、1級?3級まであります。試験内容は、ファッション色彩、商品色彩、環境色彩から出題され、色彩がもたらす心理的、機能的効果についての知識や実技能力を判断されます。

カラーコーディネーターは、商品開発分野以外にも様々な職業に行かせる資格です。例えば、建築・インテリア業界などで、心地よい空間を色で演出するという仕事も期待されます。色彩は生活の中に常に溢れており、私達は色彩に何らかの影響を与えられ生活しています。カラーコーディネーターは、住む人が安らぐ家作りを提供するために欠かせない知識を持つとして需要も大きいといえます。

カラーコーディネーターは、ファッション・メイクの世界では、商品企画において重要な役割を担っています。時代によって流行があるため、好まれる色も異なってくるからです。ファッション業界などで選んだ色によって、その商品が売れるか否かが決まってきます。また、その人に似合う色や、色の組み合わせについてアドバイスするという仕事もあります。他にも、カラーコーディネーターの資格は、自分自身の生活の中に生かすことも可能です。自分のファッションや自宅の快適空間作りに一役かってくれ、メリットは大きいといえるでしょう。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2012 資格試験 All Rights Reserved.

レンタルサーバー