ケアマネージャー 〜 資格試験

main_top_over_navi
main_top

ケアマネージャー


ケアマネージャーは、介護保険制度の導入とともに生まれた資格です。急速に高齢化が進む日本社会の中で、最も必要とされる資格のひとつです。

ケアマネージャーは、具体的に次の4つを仕事として行ないます。
1つめは、要介護認定の申請手続きや更新手続を代行する仕事です。それに関連して、市町村職員の委託で訪問調査を行なったりもします。2つめは、介護サービス利用者と面談して本人や家族の希望に基づきケアプランを作成するという仕事です。3つめは、ケアプランに基づいてサービス事業者と連絡調整を行なったり、サービスの実施状況などをチェックするという仕事です。4つめは、1ヶ月ごとに費用を計算して、介護保険利用者の負担分やサービス事業者への支払いに関する給付管理表を作成・提出する仕事です。

ケアマネージャーの仕事は、保険、医療、福祉などの幅広い分野にまたがっており、専門的な知識と経験が必要とされています。そのため、ケアマネージャーの資格取得には、条件があります。医師、看護士、保健士、介護福祉士、社会福祉士などの資格を持ち、一定期間以上の実務経験がないと試験は受けられません。

ケアマネージャーの資格試験は、マークシート方式の5肢複式方式で全60問です。ケアマネージャーの活躍の場は、特別養護老人ホームやデイサービスなどの老人福祉施設、社会福祉協議会や行政機関、居宅介護支援事業者施設などが多いです。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2012 資格試験 All Rights Reserved.

レンタルサーバー