ファイナンシャルプランナー 〜 資格試験

main_top_over_navi
main_top

ファイナンシャルプランナー


ファイナンシャルプランナーは、投資、貯蓄計画、保険や税金対策などの総合的な資産設計を行い、その実行の援助を行なってくれる専門家です。家庭などに対しても、家族構成と収入・支出、資産状況などのデータをもとに、個人の生涯生活設計をアドバイスしてくれます。ファイナンシャルプランナーは、独立すれば高収入につながり、転職の際にも大変有利な資格として、最近注目されています。

ファイナンシャルプランナーの資格には、AFP(アフィリエイテッドファイナンシャルプランナー)という日本FP協会が認定する国家資格と、CFP(サーティファイドファイナンシャルプランナー)と呼ばれる日本FP協会がCEP Boardと業務提携して導入している国際資格があります。CFPは、高い技能と知識を有している人のみに与えられる高度な資格です。なお、日本でファイナンシャルプランナーと言えば、一般にはAFPを指します。

ファイナンシャルプランナー(AFP)の受験資格には、AFP認定研修を終了する必要があります。但し、3級FP技能士を持っている人や2年以上のFP業務の実務経験がある人には、AFP認定研修は免除されます。AFP認定研修では「FPの基礎」「金融資産運用設計」「不動産運用設計」「ライフプランニングリタイアメントプランニング」「リスクと保険」「タックスプランニング」「相続、事業承継設計」「提案書作成」を学びます。その上でAFP資格試験において学科実技試験ともに6割以上を取ることが出来たら合格です。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2012 資格試験 All Rights Reserved.

レンタルサーバー