保育士 〜 資格試験

main_top_over_navi
main_top

保育士


保育士は、少子化に伴い需要も減ってきていると思われがちですが、実際は需要が高く、これからは社会にますます必要とされる仕事でしょう。現在では共働き夫婦などが増え、子供を預けて働きたい母親も増えています。しかし、保育所や保育士が不足しているため、待機児童が増化しているのが社会問題になっています。

保育士になるためには、専門学校や短大へ通って資格を習得する他にも、通信教育などで勉強するという方法もあります。男女問わず、様々な年代の人が受けている試験です。

保育士の資格は国家資格です。年に1回厚生労働省が実施しています。保育士の試験には、まず、児童福祉事業概論や児童心理学などの10科目からなる筆記試験を課せられます。そして、合格した人のみが実技試験へ進むことになります。実技試験は音楽、絵画制作、一般保育、言語から3分野が出題され、そのうちの2つを選択して受験します。

保育士の資格を習得した後は、都道府県に登録をしなければなりません。証書が発行されて初めて保育士として仕事ができます。保育士の仕事は、保護者に変わって子供の保育をするということですが、幼稚園の教諭とは違い教育するということには当てはまりません。保育所は、0歳児からの様々な年齢の子供がおり、このような年代の違う子供たちを合わせて保育するというのは、とても難しく、かつ責任の重い仕事といえるでしょう。しかし、保育所への待機児童が増える中、保育士は福祉関係の資格と同様、とても重宝されています。保育士を目指す人も多く、仕事先も保育所に限らず福祉施設や託児所、家庭への派遣など様々な場所が仕事場になっています。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2012 資格試験 All Rights Reserved.

レンタルサーバー