秘書検定 〜 資格試験

main_top_over_navi
main_top

秘書検定


秘書検定は、正式には「文部科学省認定秘書技能検定試験」といいます。秘書に必要な基礎知識だけでなく、常識やマナーについても試験が課せられます。短大、大学生の女性が就職活動の際に秘書検定を持つと有利だといわれており、受験者数は多いです。1級?3級まであります。

秘書検定の資格を取るために受験をすると、次の3つのような利点があります。
1つは、社会人として知っておけば必ず役に立つマナーを学べるという点です。例えば、応接室でのソファーの上座はどこになるのか、お茶を出す順序、ご祝儀袋の包み方など、社会人でもあまり理解していない重要なマナーを身に着けることができます。
2つめに、すべての仕事の基礎となるスキルが身につくという点です。秘書検定では、電話応対、時間の活用法、書類作成など秘書になるための基本的なスキルを勉強しなければなりません。秘書検定の受験を目的に学んでいれば、このような仕事の基礎的スキルが自然と身につきます。
3つめに、就職活動に有利になるということです。秘書検定は、資格として認められているので、履歴書の「資格取得欄」に記載することができます。秘書検定を持っていると、アピールポイントにつながります。

秘書検定を持つ人は、ビジネススキルやマナーの基本を知っている人と認められるため、就職試験では高く評価されます。社会に出てからも印象も高いでしょう。また、試験勉強をすると就職の面接で好印象を与えるような立ち振る舞いも覚えられ、役立つでしょう。秘書を目指す人は、合格率15%前後の1級を取っていればかなり自信が持てるでしょう。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2012 資格試験 All Rights Reserved.

レンタルサーバー