日商簿記 〜 資格試験

main_top_over_navi
main_top

日商簿記


簿記とは、企業の日々の経営活動を記録・整理して、その経営や財政の状態を明らかにする、経理事務には欠かせない知識であり技能です。簿記を身に付けている人は、会計の知識を元に財務諸表を理解する事ができ、また、経営に関する管理や分析もできるようになります。

日商簿記は、一般に簿記の資格を持ちたいと思う人が受験する資格です。日本商工会議所が行なっており、1級?4級までのレベルがあります。日商簿記の1級は、税理士や公認会計士などを目指す人には欠かせない資格で、大学卒業程度の商業簿記、工業簿記、原価計算ができること、財務諸表や企業会計に関する法律を理解して経営分析ができる事などが合格できるレベルとなっています。
日商簿記の2級は、高校卒業程度の商業簿記、工業簿記を身に付け、3級は商店や中小企業の経理事務ができるくらいのレベルとなっています。4級は、簿記の入門です。初めて簿記を学ぶ人はここから挑戦すると良いでしょう。

日商簿記を身につけると、正しい帳簿をつけるための知識を得ることができ、企業で働く際にも利益率などを考えられるなど大変仕事に有利です。自社及び他社の経営状況をも把握できるので、即戦力として役立ちます。日商簿記の資格は、経理を目指す人なら必須の資格です。しかしそうでない人にも営業活動などにおいて有利であり、役立つものでしょう。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2012 資格試験 All Rights Reserved.

レンタルサーバー