福祉住環境コーディネーター 〜 資格試験

main_top_over_navi
main_top

福祉住環境コーディネーター

福祉住環境コーディネーターは、福祉、医療、介護、福祉用具、住宅改修などの知識を持ち、各種専門家と連携を取りながら住宅改修プランを提示する人です。



福祉住環境コーディネーターは、少子高齢化社会の日本で最も注目されている仕事といえるでしょう。現在では、バリアフリーという言葉もかなり浸透してきています。高齢者や障害者を取り巻く住宅環境や施設の設備環境などを、より快適に過ごすための改修が必要とされています。




福祉住環境コーディネーターの具体的な仕事内容は、一つはケアマネージャーなどと連携して介護保険制度のもとで住宅改修に関わるというものです。二つ目は福祉、保険サービスについての情報提供や、福祉用具、介護用品などの選択方法と利用法について助言などを行ないます。




福祉住環境コーディネーターの資格を生かせる就職先は、介護、保険の指定事業者や福祉施設、工務店や住宅設備のメーカーなど様々です。




福祉住環境コーディネーターの資格試験は、1級〜3級まであります。3級は、福祉と住環境の関連分野の基本的知識についての理解度を確認するものです。2級は、3級レベルの知識に加えて、実務において福祉と住環境の知識を生かせるよう、さらに幅広い知識が必要です。




各専門職と連携して具体的な提案ができるための能力が求められます。1級は、2級合格者でなければ受験資格がありません。更に総合的な専門知識を身につけ、住宅改修や具体的なプランニングや安全な街づくりをつくるための実際的な能力が求められます。

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2012 資格試験 All Rights Reserved.

レンタルサーバー