TOEIC 〜 資格試験

main_top_over_navi
main_top

TOEIC

TOEICは、Test of English for International Communicationの略称です。常に評価基準が一定に保たれている、英語によるコミュニケーション能力をはかる国際的な検定です。



TOEICの特徴は、世界共通の資格として有名であること、また、日常生活で使用する英語からビジネスに使われる英語全般の能力を計っていることでしょう。住む国の習慣の違いなど、国によって解答が変わるような問題の提出は無く、世界共通の基準が使用されています。世界90カ国で実施されている資格試験です。



TOEICの試験は、合格や不合格という基準ではなく、10点から990点までの点数で表されます。TOEICの試験を受け、出た点数が現在の自分の英語能力です。目標の点数を目指して勉強を行っていくという人が多いようです。点数が220点から470点は最低限のコミュニケーションができる人と言われ、860点以上なら充分にコミュニケーションがとれると認められます。



TOEICのテスト内容は英文のみで作成されています。リスニングとリーディングを120分間、200問の問題を受けることになります。TOEICの試験は年に8回行われ、日本全国で受験することが可能です。


TOEICの点数は、就職の際にも考慮されるポイントです。点数によって企業への採用が決まることもあります。昇給や昇格にも関わることがあります。大学入試や単位の認定などにもTOEICの点数を利用するというケースもあり、大学生をはじめ受験を控えている高校生の受験者数も年々増加しています。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2012 資格試験 All Rights Reserved.

レンタルサーバー